ジェットリーの家族ダイアリー


前妻の再婚

黄秋燕は、ニナのもとに行った夫のリンチェイを待ちつづけ、三年後に失意の末に離婚をします。リンチェイの娘さん二人は、リンチェイの母のもとに引き取られ、アメリカの大学に行きアメリカ国籍をとっています。黄秋燕は今もリンチェイの母のことをお母さんと呼び仲良くしています。黄秋燕はリンチェイの意志でアメリカに一緒に渡り女優を辞めていました。黄秋燕は美容師として働きました。まさに糟糠の妻でした。

つまり糟糠の妻を捨てて、不倫の末に女優のニナー・リーのもとに行ったわけで、中国では不倫で妻を捨てるなど許されないことでバッシングもあったようです。それでもリンチェイはニナ・リーにぞっこんで、ニナ・リーと一緒に写った写真のリンチェイはデレデレでした。前妻や子供たちに申し訳ない気持ちはもっているようで、彼の母に子供たちの面倒をみることを頼んでいたようです。インタビューで前妻のことを三割しか愛がなかった自分を前妻は愛してくれた。それに応えられなかったと、号泣している中国メディアでのリンチェイを見ました。

ニナ・リーにベタ惚れのリンチェイはニナ・リーのためだったら死ねるとのろけます。当時のニナ・リーと一緒のリンチェイの写真は鼻の下が伸びて、フアンたちも「ニナたんにベタ惚れ、デレデレのリンチェイ」とウワサしていました。ニナ・リーはとてもセクシーな女優さんでした。

黄秋燕は新しく恋をしますが、彼の奥さんはガンでした。彼が元妻の家を出たときに、ガンを知った黄秋燕は奥さんを看取るために彼と家に戻ったと言います。奥さんを看取って亡くなったあとに再婚します。

truthseeker08 / Pixabay

 

現在の妻ニナ・リーとの間の娘さん二人

2018年12月26日のインスタグラムでの娘さんたち。18歳のジェーンさんと、右側が15歳になるジェッタさん

愛に恵まれた表情ですね。

寂しげな前妻との長女李思さん

幼いころに父親のリンチェイと別れた李思さん、お母さんは李思さんにリンチェイのことは何も言ったことはないそうなのですが、リンチェイほどの有名人になると、周りから耳にいろんな事が入るのでしょうね。表情が悲しげで切ないです。AKBの姉妹グループの台湾のSNH48に加入か?のニュースが流れたこともありましたが、その後音さたなしです。加入はしていないと思います。1988年生まれということは30歳超えてます。どうされているのでしょうね?その下の妹さんのことも出てきません。

リンチェイの病気

2013年には、数年前から甲状腺の病気を抱え、心臓の動悸を薬で抑えている状態のため、カンフーはおろか簡単な運動もできないことを明かしました。フアンが撮った80才にも見える老けた写真が世界に出回って心配させましたが、「功守道」のプロデュースで元気な姿を見せてくれました。リンチェイの家族が全員幸せになるといいですね。

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村