『功守道』本編ジェット・リー制作元アリババCEO主演短編映画が凄い!

2019年3月5日


少林寺以来からのジェット・リーのフアンです。そのジェット・リーが制作した短編映画が凄すぎて、こんな豪華キャストは金輪際ありえないでしょう。主演はなんと、あのアリハバの元CEOのジャック・マーさん。この短編を見たときには、なんだかアリハバの人に似てるなぁ?と思ったら、まさかのご本人でした。

 


ジェットリー制作ジャックマー主演の『功守道』とは?

アジアのNo.1大富豪の元アリハバCEOのジャック・マーさんを親友と呼ぶジェット・リーが制作した『功守道』。英語題名『Gong Shou Dao』は太極拳の物語で、武術の美しさを描いています。

ジャックマーは、花と木の間に隠れている「Mount Hua Sect」と呼ばれる通りを横切ってつまずきます。実際はこのような額がかかってました。「華山派」の簡体文字ですね。

Mount Hua Sect

 

彼は各武道の分野がテストされる世界中からの複数の武道の達人に入り、すぐに直面します。(機械翻訳なので変です)彼の経験の真実が明らかにされるのは、ジャックの旅の終わりまでではありません。

Gong Shou DaoはWen Zhangが監督し、Jet Liが制作した短編映画です。 主演ジャック・マー、制作ジェット・リー、ドニー・イェン、ウー・ジン、トニー・ジャー、ジャッキー・ヒョン、アサショリュ・アキノリ、ゾウ・シミング、そしてナターシャ・リュー・ボルディゾという豪華キャストです。

ドニー・イェンは「イップマン」の主演香港俳優で、ウー・ジンは、「新少林寺」や「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」など中国映画の主演俳優です。トニー・ジャーはタイの「マッハ」の主演俳優、ジャッキー・ヒョンは香港の人気俳優で、ジェット・リー主演の「SPIRIT」に出演したときからジェット・リーの弟子となりカンフーを学んできています。

そして朝青龍もこの映画に力士として出演しています。ゾウ・シミングは中国のプロボクサーで北京オリンピックの金メダリストです。ナターシャ・リュー・ボルディゾは「ソード・オブ・デスティニー」のアクション女優です。これら、世界の超強いメンバーを次々と決闘で倒すジャック・マーさんです。

功守道は最初は攻守道でしたが、ジェットリーが漢字を間違えたところ。マー氏が功守道のほうが農耕民族としてふさわしいと功守道に決めたそうです。カンフーも功夫と書きますしね。功の字が良いですね。

geralt / Pixabay

『功守道』本編が無料で公開されています

これは凄いです!ジャック・マーさんが世界の主役級アクションスターや、本物の格闘家も、次々に一対一の決闘ででみごとに勝ってもいきます。さすが世界の大富豪!世界一のプロモーションビデオを作られましたね。なんと主題歌も歌われています。趣味もここまでくると凄いなーと思って調べてみると、これはジャック・マー氏の太極拳哲学による映画なのですよ。(驚!)